エンジニアでもない私がHHKB Type-Sを購入!使い勝手をレビューしたい!

今日は使って約1ヶ月のHappy Hacking Keyboard(HHKB)をレビューします!超迷いながら購入したキーボードでしたが、本当に買って後悔しないのか、お伝えしていきます。

 

購入したキーボード

MODEL:Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 日本語配列 / 白  PD-KB420WS

 

購入前にいろいろ調べましたが、販売元であるPFUのホームページにAmazonや楽天市場にもダイレクトショップを出しているとのことで、ポイントが少し余っていたAmazonを利用して購入。価格はどこで買っても一緒ですね。

 

購入した時間が悪かったのか、2日後に到着。受け取ってすぐに、ウキウキしながら開封です。

 

開封の儀(言いたいだけ)

届いたパッケージはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏面にいろいろ情報が記載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして中身を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用しているREALFOCRCE(フルキーボード)と比較するとかなり大きさに違いがありますが、使いやすそう!

 

文字入力が楽しくなる!HHKB Type-Sのいいところ

①絶妙なキー構造

梱包されていた箱にも記載されていますが、シンドリカルステップスカルプチャという人間工学に基づいたキー構造が、ホームポジションからのキー入力を快適に後押ししてくれる感覚!

 

実は高級キーボードを購入するまで、タッチタイピングに程遠いような独自のキータッチで入力をしていたのですが、購入を気に心機一転、タッチタイピングを練習してきました。

 

前は人差し指が大活躍するようなキータッチだったのですが、実はキー構造が邪魔をしてものすごく打ちづらかったんです。(動画でもお店したいところですが、まじで恥ずかしので割愛!)

 

他の人のレビューにも記載されていましたが、入力はスコスコと静電容量無接点方式独特の音とともに、ずっとキー入力をしたくなるようなリズムを生み出してくれます。

 

ちなみに私は手がかなり大きい(身長190くらいあります)のですが、コンパクトさはあまり気になりませんでした。体格に対して小さいキーボード使ってるねと言われるぐらいです。

 

ちなみに、プログラミングなどをしないからか、購入前に見たレビューでそこそこ懸念事項にあがっていた、日本語配列の「z」のいちがずれていることですが、正直あまり気にならないです。

 

②静音性がそこそこイケてる

Type-Sの「S」は静音の意味を持っていますが、名前に負けない静音性を持っていますね!深夜の静かな部屋で利用していても、そこまで大きく響くようなことはありません。

 

購入前に電気店に行って、Pro2の実機を試してみたのですが、ちょっと厳しいかもと思ってしまいました。まぁキーボードなので多少カチカチするのは仕方ないのですが、私が利用するのは近くで家族が寝ている状態であること。

 

ちょっとやそっとの静音性では1歳半の元気でかわいい息子が目を覚ましてしまいます。なので、静音モデルではないPro2やBTモデルはNGでした。

 

ぶっちゃけ、試し打ちもできない状況で3万円出すことは勇気が入りましたが、快適な入力環境に静音性が加わるこのモデルを買ってみて後悔はないです!

 

ただ、とはいえお伴い部屋で入力しているとキーボードの音は目立ちますね。今は利用するときに家族に配慮して、キーボードの下にスポーツタオルを敷いて利用しています。デスクにカタカタ当たるのも嫌なので、吸振マットでも購入してみようかなと考えています。

 

③余計なキーは不要!

文字入力がメインということであれば、HHKBのキー数で全く問題ないです。

 

フルキーボードを利用していたので、Fキーが無いこと、テンキーが無いことに不安を感じていました。あれば便利だし、なくなると「あーやっぱり、あったほうが良かった」と後悔するぐらいならつけておいたほうが・・・

 

しかし、HHKBを利用してみたいという欲望に勝つことができず、購入してみましたが、Officeなどのソフトを利用しないのであれば、これくらいのキー入力で十分であると感じています。

 

というか、Fキーってこんなに利用しないのか・・・

 

まじで後悔してない?

はい、してないです。

 

と言いたいところですが、あえて一つだけ。

 

キーボード沼にハマるまではMacの標準キーボード最高!とか言ってました!でも、HHKBを利用し始めると、ノートパソコンのキーボードは利用しづらくって。。。

 

デフォルトのキーボードを使うしかない状況だと、本当に辛く感じてしまうようになったので、この点だけは後悔しています。

 

一回使うと、もとに戻れなくなってしまいますよ、このキーボード!!!

 

まとめ

高級キーボードを調べると、絶対に出会うであろうHHKBですが、Type-SとBTは中古ストアにでも行かないと実機を触ることはできません。触ったこともない3万円もするキーボードをポチれるか。

 

僕は3万円以上の価値を感じられるキーボードだなと思います。パソコン買い替えても、キーボードは使い続けることができますしね。

 

もし迷っている方がいるのであれば、時間がもったいないので、さっさとポチってしまいましょう。絶対に後悔のない、間違いのないキーボードです!