【体験談】杉並区の保活が変わるかも|2020年4月入園希望者向け

こんにちは。じぇいです。

我が家は長男、長女と子供が二人いるのですが、二人とも来年2020年4月入園に向け、動きが活発になってきました。本当なら長男は最初の保活で終わっていたのですが、現在、登園している保育園は3歳以上のクラスがありません。来年1歳クラスへの入園を希望する長女と一緒に、再び保活に取り組んでいます。

 

ところで2歳までの小規模保育事業所、事業所内保育事業所、 家庭的保育事業所は連携施設を設定することになったのって知ってましたか?昨年末に区役所に行ったら、未定ではあるものの、精度が変わることを告げられたため、しばらく詳細を待っていました。

 

すると先日、ついに保育園からお声がかかり、連携施設に関する書類が渡され、気になったので、色々調べてみましたー

 

連携施設が設定される

昨年2019年4月入園の時は、あまり気にしていませんでしたが、保育施設の利用案内にしっかり書いてありました。

連携施設設定に関する説明

出典:杉並区ホームページ「保育ホッとナビ」 平成31年度保育施設利用のご案内

しっかり記載されています。ということは、これまでだと2歳クラスを卒業して、3歳クラスも預け入れが必要になる場合は、再びあの激しい保活をするのか・・・と考えていましたが、実際は少し違ったので、このあたりをお伝えできればと思います。

 

連携施設の設定

区からの案内

杉並区役所からしっかり案内が出ていました。

連携施設の設定(3 歳児クラスからの保育利用)について

といっても、実際に通っている保育園から優先的に枠をとることが出来る指定連携施設が設定されるのは数える程度しかありません。この保育園に該当しない場合は、どうなるのかと読み進めてみると、記載してありました。

区民として地域型保育事業所等に在園する方で、卒園以降も保育所等の利用を希望する方を 対象に、先行して連携施設の入所調整を行います(先行入所調整という)。

ほぉ、、、ヨクワカラナイ・・・

保育園でもらった案内

区役所から案内が出ていたので、保育園で聞いてみたところ、地域型保育事業所などに通う在園生向けに個別案内をもらえるとのこと。

 

で、もらってきました。4月入園の申し込み案内と比較すると、量はかなり少ないですが、ざっくり書くと

  • 指定連携施設がない保育園に通っているお友達は、3歳クラスに先行して申し込みが出来るよ
  • 4月入園の時と同じような申し込み方法だから、必要な書類を揃えてね
  • 3歳クラスを受け入れている保育園の募集状況はこんな感じだよ

ということが記載されていました。

 

なるほど、ということは、10月から情報公開される4月入園の案内を待たずして、4月入園に向けた申し込みが出来ると言うことですね。ふむふむ。

 

区役所に聞いてみた

まぁ、正直書面だけだと不安だったので、念のため区役所にも電話して聞いてみたところ、「お父さんの理解であっています」とのこと。

 

ということは、申し込み時期が通常よりも早いので、保育園見学とかも早めに対応しなければいけない!書類提出の前に情報を集めるため、区役所へ行くためのお休みもとらねば!などなど、準備で慌ただしくなってきました。

 

とはいえ、我が家はちょっと事情もあり、かなり早めから保育園見学とかに行っていたので、あといくつか見に回ったら優先順位を決めようか、という感じです。

 

保活が少し変わる可能性がある

優先順が変わるかも

今回の変更を受けて、第一子を2020年4月から通わせようと考えている人にとっては、保活が少し変わる気がします。我が家は一次募集時に、出来れば5年間通えるところに!と強く願いすぎた結果、地域型保育事業所はあまり見ていませんでした。

 

しかし、今回の変更で卒業後に加点がもらえるだけではなく、優先的に連携施設への申し込みが可能になったとなると、最初に入れる保育園の選択肢が広がりますね。

 

例えば、どうしても指数が低くて、倍率が高い人気園を狙っても落ちそうだ、と言う場合は地域型保育事業所を最初から狙っても良いかもしれません。2歳までしか登園できないかもしれませんが、そのあとの保活が少し楽になるかもしれません。

ただし、将来の申し込み条件が変わるかもしれませんので、必ずしも楽になるかは断言できません

 

作戦が大事になる

これまでの傾向では地域型保育事業所は一次〆切りで枠が埋まらず、二次希望の受け皿になることもありました。やはり保活は一度で、通い始めた園に最後まで行ってほしいという気持ちはあります。

 

しかし、今回の変更によって、一時保育から地域型保育事業所の希望者が増える可能性があります。自分が保有している指数次第で、先に決められるところはどこか?を考えながら申し込みをした方が良さそうです。

 

まとめ

今回の変更は初年度になるので、申し込みにどの程度の影響を及ぼすかわかりませんが、連携施設が出来る、と言うことは申し込みをする人の心理的なハードルを下げる要因になりそうです。

 

先輩パパ、ママの話を聞いて、狙い目だと思っていたら、急に戦国時代に突入してしまうかもしれないので、最新情報には目を配っておいた方が良いです!

 

最近、保育園見学に行くと、早めに動いている人が多くなっていることに焦りを感じ始めました。暑い時期なので、見学時は体調にご注意を〜

 

ほなまたねー