HHKB・REALFORCEと比較!Majestouch2 Tenkeyless Sをレビュー!

今日はFILCOのMajestouch2について、使用感や良かったこと、イマイチなことを書きます!

 

使っているのはこれ!

FILCO Majestouch2 Tenkeyless S

ちなみに利用環境はWindowsです。

 

HHKBやREALFORCEとの違い

最大の違いはキー構造にあります。

 

HHKBやREALFORCEは静電容量無接点方式という、なんとも聞きなれない方式を採用しています。とても気持ちよく打鍵できる方式だと、個人的には最高だなと思ってます。

 

今回レビューするMajestouch2はメカニカル方式。ゲームメインのユーザーに人気らしいですが、僕はゲームしません!

 

なぜ購入したかというと、ただ使ってみたかったという欲望に忠実だったということです。

 

メカニカルだけど静音モデル

メカニカルキーボードといえば、打鍵のたびに「カチャ、カチャ」と音のするものを想像してしまいますが、我が家では深夜にることが重要なので静音モデルにしました。

 

静音性能は結構イケてる!というのが正直な感想

 

メカニカルキーボードってだけで、最初は購入を避けていたのですが、欲望に負けて購入してみるとイメージと違って驚きました。

 

音の違いはHHKBやREALFORCRは「スコ、スコ」という音で、Majestouchは「シュコッ、シュコッ」という音です。

 

ちなみにHHKB(Type-S)とREALFORCE(R2S)と比較したときに静音性能はREALFORCE>HHKB>Majestouchという印象。

 

とはいえ、静音性は比較的僅差の印象で、この価格で提供される静音性としては「◎」です!

 

 

入力ミスは減りそう

HHKB(Type-S)と比較してみるとキーはしっかり押し込む感じで、重さもREALFORCEと比較すると重く感じます。

 

ただ、それが押し間違いを防いでくれるので、高速さはないですが、ミスのない入力を希望されている方には、とても良いキーボードですね。

 

ちなみにキー構造は、ステップスカルプチュアではないです。そのため、キーの列ごとの差分があまりなく、なめらかな傾斜がついています。

 

タッチタイピングではホームポジションのステップ構造が入力を助けてくれますが、入力タッチによっては段差が邪魔をする場合もあります。独特なタッチをされる人でもクセなく入力できそうです。。

 

種類が豊富でほしいモデルがみつかるかも

REALFORCEも機種がそこそこ多いですが、FILCOも負けていません。

 

最大の特徴は軸の種類が選べることで、好みの打感や音が選択できます。それに加えて、、、

 

  • Bluetooth/USB接続(REALFORCEはUSBだけ)
  • サイズがコンパクトからフルサイズまで選択可能
  • フレームのカスタマイズが可能(自分色にできます)
  • キートップの種類が多い

 

選択肢が多いのですが、自分のスタイルにあわせた選択が出来るのがいいっすね!

 

そのうち迷彩モデルとか使ってみたいな〜

 

ちょっと改善希望

良いところの多いキーボードですが、個人的にはケーブルだけが唯一の不安(不満ではない)

 

ケーブルがキーボードからまっすぐしか出てないんです。

 

PCに直接乗せて省スペースで利用出来るのですが、ケーブルの出方でまっすぐ画面にぶつかってしまいます。

 

REALFORCRはケーブルが3方向に出し先を選べ、HHKBはケーブルを交換することで方向を変更することが可能です。

 

Majestouchはこの点だけが変更できればと思うんですが、まぁモニタ使う人にはあまり関係なさそうですね〜

 

まとめ

メカニカルの入門は茶軸とよく言われていますが、officeユーザーであれば赤軸かピンク軸がおすすめです。

 

HHKBやREALFORCEは確かにずっとキー入力を続けたくなるような、指に吸い付くような入力を味わえますが、「パソコンのキーボードと言えば」のイメージをそのまま形にしたようなキーボードだと思ってます!

 

硬派な感じで仕事モードに入るぞ!という時はMajestouchを利用したい!

 

キーボード3台も持って何に使うんだという感じですが、気分によって変更できるのもいいですよ〜