超絶分かりづらいから比較表作成!REALFORCE第2世代「R2」シリーズ

この記事では、REALFORCEの購入を検討し始めた人向けに、最新シリーズのR2を簡単に分類、比較できるようにまとめます。

キーボードに興味を持って調べたときに、必ずREALFORCEと出会います(出会いましたよね?)
最初はまぁ製品名を見てもさっぱり不明、だった私の経験をもとに比較表を作成したので、これから検討するぞという人の参考にしてもらえれば幸いです。

シリーズ名の表記

下記お読みいただく際に、製品名に記載されている数字やアルファベットについて記載。

基本は下記項目の組み合わせで機能や色を表現。

これまでと違うポイント
2018年10月に発売される英字配列モデルではキー荷重がALL 55gモデルが発売される予定
項目 意味
R2 現行最新モデルシリーズ
TL テンキーレスモデル
S 静音シリーズ
A APCシリーズ
JP 日本語配列
US 英字配列
4 キー荷重 ALL 45g
V キー荷重 変荷重モデル(30g / 45g / 55g)
IV アイボリー(ボディーカラー)
BK ブラック(ボディーカラー)

標準シリーズ R2 / R2TL

R2シリーズ標準モデル

選択のポイントは以下で優先される機能や好みで選ぶのがいいかな

  • 見た目の違い(色、かな印字有無)
  • 機能の違い(テンキー有無、キー荷重)

 APCシリーズ R2A / R2TLA

スイッチのオン位置が変更できるアクチュエーションポイントチェンジャー(APC)が追加されたモデル。利用シーンによってキーの反応速度を最適化できるのが特徴。

とにかく入力スピードを上げたい人には、キースイッチのオン位置を1.5mmに設定できる。逆に文字入力のミスを減らしたい場合は3mmに変更も可能

フレキシブルなモデルで、キー刻印は昇華印刷のみであることも特徴

静音シリーズ R2S / R2TLS

静音キースイッチが搭載されたモデル。キー入力による音が目立ってしまうような場所で利用できるように設計されている。

筆者はこのシリーズ(R2S-JP4-BK)を一本釣り。まじで静か。近くで寝ている子供も起きないよー

APC+静音シリーズ R2SA / R2TLSA

上記APC機能と静音がセットになったモデル。高速、かつ静かにキー入力が可能に。

しかもキー荷重はALL 30g

大量に文字入力をする人に優しいモデル

 R2シリーズ 比較表(2018/08/14時点)

分類 モデル名 テンキー 配列 静音 APC アプリキー キー荷重 かな印字 刻印
標準モデル R2TL-JPV-IV アイボリー 日本語 変荷重 あり 昇華印刷
R2-JPV-IV アイボリー フル 日本語 変荷重 あり 昇華印刷
R2TL-JP4-BK ブラック 日本語 45g レーザー
R2-JP4-BK ブラック フル 日本語 45g レーザー
APCモデル R2TLA-JPV-IV アイボリー 日本語 あり あり 変荷重 あり 昇華印刷
R2A-JPV-IV アイボリー フル 日本語 あり あり 変荷重 あり 昇華印刷
R2TLA-JP4-BK ブラック 日本語 あり あり 45g 昇華印刷
R2A-JP4-BK ブラック フル 日本語 あり あり 45g 昇華印刷
静音モデル R2TLS-JPV-IV アイボリー 日本語 あり 変荷重 あり 昇華印刷
R2S-JPV-IV アイボリー フル 日本語 あり 変荷重 あり 昇華印刷
R2TLS-JP4-BK ブラック 日本語 あり 45g レーザー
R2S-JP4-BK ブラック フル 日本語 あり 45g レーザー
APC+静音モデル R2TLSA-JP3-IV アイボリー 日本語 あり あり あり 30g あり 昇華印刷
R2SA-JP3-IV アイボリー フル 日本語 あり あり あり 30g あり 昇華印刷
R2TLSA-JP3-BK ブラック 日本語 あり あり あり 30g 昇華印刷
R2SA-JP3-BK ブラック フル 日本語 あり あり あり 30g 昇華印刷